友達作り

友達いない女はやばい?友達いない女の特徴と友達を作る方法

※本ページはプロモーションが含まれています

 

友達いない女ってやばいのかな?

私の周りには友達いる人ばっかりだけど、私だけ友達がいない。

 

この記事の内容

  • 友達いない女がやばいと言われる理由
  • 友達いない女の特徴
  • 友達いない女が友達を作る方法
  • 女性で友達がいないメリット
  • 女性で友達がいないデメリット

 

※出会い系アプリなら同性の友達もすぐに作れます!!

出会い系アプリは、異性との出会いだけと思っている方もいますが、同性の友達も作れるんです。

しかも、完全無料で。

気になる方は、以下のリンクをクリック!

>>同性の友達が欲しい女性におすすめの出会い系アプリ【年代別】

 

友達いない女がやばいと言われる理由

世の中には、「友達いない女はやばい。」と思っている人もいます。

なぜ友達がいない女はやばいと思われるのでしょうか?

その理由を解説していきます。

 

なにか問題がある人なのかと思われるから

友達がいない女性が「やばい」と思われる理由は、主に他者からの評価や社会的な影響に関係しています。

友達がいないという状況は、周囲から見ると何か問題があるかのように映ることがあるんですよね。

 

「友達がいない=なにか問題がある人なのかも。」 というイメージが付いてしまっている人もいます。

 

寂しそうだと思われるから

「友達いない女がやばいと言われる理由」の一つに、「寂しそうだと思われるから」があります。

友人関係は支え合いや喜びを共有する場であり、友達がいないと寂しさや孤独感が増す傾向があります。

 

周囲から見れば、友達がいないという状況は寂しいと思われがちです。

そのため、友達いない女性は自信を失いやすく、心の健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。

 

ポイント

社会的なつながりは、個々の幸福感や心の安定に重要な役割を果たすため、友達を持つことは心理的な健康にとっても重要です。

 

友達がいる方が上という謎のマウントを取る人がいるから

「友達いない女がやばいと言われる理由」の一つに、友達がいる方がすごいというマウントを取る人がいるから。があります。

 

友達がいることで、自分が成功している、魅力的である、社会的地位が高いといった自己価値感を持つことができるため、友達がいることに価値を見出す人がいます。

 

しかし、実際には、友達の数や社交的な活動量だけで個人の価値を決めることはできません。

友達の数よりも、その関係の質や、その人が持つ良い特性やスキルが、重要です。

 

友達が多ければいいというものでもありません。 友達の数で価値を決める人は気にしないほうがいいでしょう。

 

友達いない女の特徴

友達がいない女性にはいくつか特徴があります。

 

男の前ではぶりっ子

友達いない女は、男の前ではぶりっ子をする人もいます。

同性に対してはそっけない態度を取ったり、テンション低めですが、男が来ると途端にぶりっ子し始めるんですよね。

 

女と男の前で、あからさまに態度が違う女性は、友達がどんどん離れていってしまいます。

 

1人でいる方が楽

友達いない女性とは、一人でいることを好む傾向があります。

なぜなら、一人でいるときは気を遣わずに済むため、楽だと感じるからです。

 

人との関わり合いには、時に疲れやストレスが伴うこともありますが、一人でいると自分のペースで行動でき、自分自身をリラックスさせることができます。

そのため、こういった人が友達がいない傾向が高いのです。

 

このように、友達いない女性は一人でいることを好む傾向がありますが、それは彼女たちが自分自身との時間を大切にし、心身のバランスを整えるための手段として捉えているからかもしれません。

 

自己中心的

友達がいない女性の特徴にはさまざまな要因がありますが、その中でも特に顕著なのが「自己中心的」な傾向です。

 

自分の事しか考えない人は、友達がどんどん離れていってしまいます。

友人関係はお互いを思いやることが重要であり、自己中心的な態度は関係を損なう原因となります。

他人の気持ちや立場を考えず、自分の欲求や意見ばかりを押し付ける態度は、友人たちに不快感を与えます。

 

たとえば、

  • 話を聞いてもらう際に相手のことを無視して自分のことばかり話す
  • 約束を守らずに都合の良いことだけを求める

など、自己中心的な行動は友情を傷つけます。

 

友達を大切にするためには、自分だけでなく相手の気持ちや立場も考えることが不可欠です。

共感力や思いやりを持ち、お互いに支え合える関係を築くことが、友達との絆を深める秘訣です。

 

悪口ばかり

「悪口ばかり」という特徴は、人間関係において致命的なものです。

悪口ばかり言っている人は、周囲からの信頼を失い、友人関係を築くことが難しくなります。

 

自分の不満や不安を他者に向けて発散する傾向があります。

しかし、そのような行動は周囲の人々に不快感を与えるばかりでなく、その人自身の信用をも損ないます。

他人の悪口を言っている姿を見た人は、自分のことも同じように言われているのではないかと不安に感じるでしょう。

その結果、その悪口を言っている人と親しくなることをためらい、友達が少なくなってしまいます。

 

自慢話をする

友達いない女性の特徴を考える際、自慢話ばかりすることが挙げられます。

彼女たちは自身の経験や成果について話すことが多く、他人の話にあまり興味を示さない傾向があります。

これは、孤立感や自己肯定感の不足からくるものかもしれません。

 

友達いない女性が自慢話ばかりするのは、自身の存在をアピールし、他者からの認知を求めている可能性があります。

しかし、相手の興味や感情を考えずに話すことで、むしろ他者との距離を広げてしまうこともあるでしょう。

 

ドタキャンばかり

「友達いない女の特徴」を探ると、ドタキャンが頻繁に起こることが挙げられます。

これは、予定が決まっても突然キャンセルされることを意味します。

 

友人関係において、約束を守ることは信頼を築く上で重要ですが、ドタキャンが繰り返されると、相手に不信感を与えてしまいます。

ギリギリになってキャンセルされると、相手の時間や気持ちを尊重していないように感じられてしまいます。

そのため、友人関係を築く上で、約束を守ることは大切な要素の一つと言えるでしょう。

 

彼氏が最優先

友達がいない女性の特徴として、彼氏を最優先にすることが挙げられます。

 

彼氏ができた途端に友人を大事にしなくなることから、友達がどんどん離れてしまいます。

これは、彼氏との関係に集中する余裕が生まれ、他の人間関係が後回しにされることが原因です。

友達と約束をしていたはずなのに、彼氏との予定を優先して、友達との約束を断る、などがよくあるパターンです。

 

友人との交流が減少すると、孤独感や不安感が増し、結果的には友達が遠ざかっていくことに繋がります。

 

噂話ばかり

友達がいない女性の特徴として「噂話しばかりをする」ということも挙げられます。

彼女たちは、ありもしないことを自分の予想だけで噂を立ててしまいます。

何も知らない人に対しても、冷静な判断を下せず、軽率な行動が目立ちます。

 

友達がいない女性が友達を作る方法

友達がいない女性の中には、少なくていいから友達が欲しい。と感じる人もいるでしょう。

ここでは、友達を作る方法をご紹介します。

 

アプリを使う

アプリを使えば、すぐに友達を探し始めることができます。

 

女性は、アプリを無料で利用することができるため、金銭的なリスクは一切ありません。

また、アプリでは、異性の友達はもちろん、同性の友達を作ることもできるんですよね。

 

手軽に趣味や価値観が合う相手を探せるので、おすすめの出会い方ですよ。

 

>>同性の友達が欲しい女性におすすめの出会い系アプリはこちら

 

バーに通う

バーに通うことでも友達を作れます。

バーでは、お酒を飲んで、みんな比較的心を開いているので、仲良くなりやすいです。

バーに通って、マスターと仲良くなれれば、他のお客さんと話しを繋いでくれたりして、友達に発展する機会を提供してくれることもあります。

 

お酒が好きな方は、バーに通うこともいいでしょう。

 

習い事を始める

習い事を始めることでも、友達を作ることができます。

習い事は、定期的に通う必要があることがデメリットですが、あなたができることが増えて、人脈も増やすことができます。

 

料理教室や楽器など、自分の興味のあることを始めることで、友達もできて、趣味もできる。と一石二鳥ですよ。

なにか興味のあることがある人は、習い事を始めてみてもいいでしょう。

 

女性で友達がいないメリット

実は、女性で友達がいないことにもメリットがあります。

 

気を使う必要がない

友達がいないことのメリット一つ目は、気を使う必要がないということ。

友達関係は素晴らしいものですが、時には他人との関係に気を使わなければなりません。

 

しかし、友達がいない場合、自分の時間や行動に対して気を遣う必要がありません。

自分のペースで生活し、自分自身を大切にすることができます。

 

また、友達がいないことで、自分自身を深く知る機会が増えます。

孤独な時間は、自己探求や内省の時間として活用できます。

他人との関係に捉われることなく、自分の興味や趣味に没頭し、自己成長を促進することができます。

 

お金を使わない

女性で友達がいないメリットとして、お金を使わない点が挙げられます。

 

友達がいない状態では、外出やイベントへの参加が少なくなるため、無駄な出費が抑えられます。

飲み会や買い物など、友達との交流がないことで自然と節約できるのです。

 

自分の時間が増える

友達がいないというのは、一見すると寂しいように感じるかもしれませんが、実は「自分の時間が増える」という利点もあります。

友人関係を維持するには、会う約束をしたり、コミュニケーションを取ったりする時間が必要ですが、それがない分、自分の趣味や興味を追求する時間が増えるのです。

 

例えば、趣味の時間が増えれば、自己成長や充実感を得ることができます。

自分のペースで好きなことに没頭できるため、新たなスキルを身につけたり、新しい趣味を見つけたりするチャンスも広がります。

 

また、自己探求の時間が増えれば、自分の考えや価値観を深めることができ、内面的な豊かさを感じることもできるでしょう。

 

女性で友達がいないデメリット

逆に女性で友達がいないデメリットについても解説していきます。

 

寂しいと感じることがある

友達がいないと、時に寂しさを感じることがあります。

誰かと共有できる喜びや悩みがないと、心が孤独になりがちです。

友人との絆は、生活に明るさをもたらし、支えになってくれるものですが、それがないと、日常生活が単調に感じられることもあります。

 

社会的なイベントや集まりに参加する際も、一人で参加するのは不安や緊張を感じることもあるはず。

友人がいれば、互いに支え合いながらイベントを楽しむことができますが、友達がいないと、孤独や不安が増幅されることがあります。

 

コミュニケーション能力が鈍る

友達がいないことで、人間関係のスキルやコミュニケーション能力が鈍ってしまう危険もあります。

 

友達との関係を築くことは、コミュニケーションや人間関係の基礎を築く大切な経験です。

しかし、友達がいないと、これらのスキルが育たず、将来的に人間関係において困難を抱える可能性があります。

 

ぼっちだとバカにされる可能性がある

一人でいることに悪いイメージがついてしまうことがあります。

常に一人でいると、他人からは孤立していると見られがちです。

友達がいないからといって、その人の魅力や価値が低いと決めつけるのは間違いですが、社会では友達がいることがポジティブに受け止められることが多いです。

 

たとえば、集団でのイベントや会話に参加する際、一人だと浮いてしまうことがあります。

誰かと一緒にいる方が自然であり、孤立しているように見えないため、友達がいないことはデメリットになりえます。

 

一人でいることは、時にはリフレッシュや独自の趣味を楽しむために必要なこともありますが、社会的な場面では友達がいることが求められることもあります。

 

嫉妬しやすい

友達がいない状況では、他に依存するところがないため、嫉妬してしまいやすくなりがちです。

 

自分に自信が持てず、他人の幸せを見て妬みやすくなることがあります。

また、友人関係が希薄なため、他人の幸福を共有することが難しく、孤独感や不安感が増すこともあります。

心の安定を保つためにも、自己肯定感を高め、他者とのつながりを大切にすることが重要です。

 

  • この記事を書いた人

ゆん

現在51歳のバツイチおばさん。元夫とも離婚して、子育ても終わったこの時期。50代の生き方を模索中。と同時に50代や主婦へ向けて情報発信中。

-友達作り