友達作り

同性の友達が欲しい50代女性が出会う方法とおすすめアプリ

※本ページはプロモーションが含まれています

 

50代女なんだけど、同性の友達が欲しい。

50代から同性の友達なんか作れるの?

50代で同性の友達の作り方が知りたい。

 

この記事の内容

  • 同性の友達が欲しい50代女性が出会う方法
  • 50代が同性の友達を作るコツ
  • 50代で同性の友達を作るなら出会い系サイトがおすすめ
  • 50代が出会い系サイトで同性の友達を作るときのデメリット
  • 同性の友達が欲しい50代におすすめの出会い系サイト3選

 

50代になると、昔の友達と疎遠になりがちですよね。

友達がいないとやっぱり寂しいですし、新しい友達を見つけたい。と思う方も多いでしょう。

私も50代になって、友達がいないことに気付き、出会い系サイトを使って、新たに同性の友達を作ってきました。

 

50代でも同性の友達が欲しいと感じるのは、当然の感情。

今回は、50代が同性の友達を作る方法についてご紹介していきますね。

 

※50代女性が簡単に同性の友達を作る方法を知りたいですか?

実は、50代女性が同性の友達を作るには、出会い系サイトを使うのが手っ取り早いです。

登録するだけで『今すぐ』友達候補と繋がれますし、どんな相手かが分かるので、相性のいい相手と友達になりやすいです。

50代女性が同性の友達を作るのにおすすめの出会い系サイト3選はこちら>>

 

同性の友達が欲しい50代女性が出会う方法

では、さっそく50代が同性の友達と出会う方法をご紹介します。

 

サークル、習い事

50代が同性の友達を作る方法1つ目は、サークルや習い事に参加すること。

50代の方の中には、サークルや習い事で友達を探している人がかなり多いです。

 

楽しみながら、新たな出会いがあればいいなぁと思っている方が多いんですよね。

サークルや習い事は、定期的に通うので、参加者と仲が深まりやすく、友達に発展しやすいのがメリット。

ただし、月額料金がかかるのが最大のデメリットでもあります。

 

 

出会い系サイト

50代が同性の友達と出会う方法2つ目は、出会い系サイトを使うこと。

出会い系サイトは、異性との出会いだけではなく、同性の友達も作れるんですよね。

 

そして、女性なら無料で使えるのがかなり魅力的。

金銭的負担もなく、同性の友達を作れます。

 

私は出会い系サイトで、同性の友達を作っています。

50代の同年代~40代後半の歳下の友達まで、仲のいい友達を作ることが出来ていますよ。

 

気の合う友達がすぐ見つかる!

50代が同性の友達を作れる出会い系サイト3選はこちら

※無料で登録できます。

 

 

SNS

50代が同性の友達を作る方法3つ目は、SNSを活用すること。

SNSは、Twitter(X)やFacebookが特に使えます。

あとは、チャットアプリである、オルカも使えますよ。

 

趣味用のアカウントを作ったりすれば、同じ趣味の友達とも出会いやすくなるでしょう。

 

50代が同性の友達を作るコツ

50代が同性の友達を作るにはコツがあります。

50代になって友達を作ってきた私の経験から、友達作りのコツをご紹介します。

 

自分と同じ目的の相手を狙う

まず1つ目、自分と同じ目的の相手を狙うこと。

これかなり重要で、自分と同じ目的ではない相手を狙うと全く友達が出来ません。

 

例えば、

  • 別に友達が欲しいと思っていない50代の方に連絡先を聞いたり、遊びに誘ったりする
  • 再婚活をしている方に友達としてアプローチする

など。

友達が欲しいと思っていない人と友達になろうと思っても、仲が深まりにくいです。

 

逆にこんな人を狙いましょう。

  • 出会い系サイトで同性の友達を募集している方
  • サークルや習い事に参加していて、友達が欲しくて始めたと言っている方
  • ボランティアにたくさん参加して、周りとの交流を増やしている方

など。

 

こういった方たちは、あなたと同じように友達が欲しいと思っているので、友達として関係が発展しやすいですし、その後の仲も深まりやすいです。

 

積極的に行動する

2つ目、積極的に行動すること。

どの年代でも友達を作るには、積極性があるほうが有利です。

 

自分から出会いのある環境に身を置いたり、自分から話しかけたり、積極的だとチャンスも広がりやすいですよ。

 

共通点がある相手を見つける

3つ目、共通点がある相手を見つけること。

例えば、

  • 趣味が同じ
  • 50代になって友達がいないと気づいた
  • 離婚歴がある
  • 子どもが独立して寂しい
  • 出身が同じ
  • 食べ物の好みが同じ
  • お酒が大好き

など。

 

共通点がある相手を見つけることで、相手もあなたに対して親近感が湧きやすくなり、仲良くなりやすいです。

相手との共通点がないか模索してみましょう。

 

50代で同性の友達を作るなら出会い系サイトがおすすめ

50代で同性の友達を作るなら、色々な方法がありますが、出会い系サイトがおすすめですよ。

実際に50代の私も、出会い系サイトで同性の友達を作っています。

どんなところがおすすめなのかを解悦していきますね。

 

登録するだけで繋がれる!

同性の友達を作れるおすすめ出会い系サイトはこちら

※利用は完全無料

 

同性とも出会える

出会い系サイトは、異性との出会いのみしかできないイメージがありますが、実は同性との出会いも可能なんです。

マッチングアプリは、女性が登録したら、男性しか検索できません。

しかし、出会い系サイトなら、女性が登録しても女性を検索できます。

その中から友達を募集している人を見つければ、友達になれる可能性がある人と出会えますよ。

 

相手の目的やプロフィールが分かる

出会い系サイトは、相手の目的やプロフィールが事前に分かることも強み。

  • 相手が婚活で利用しているのか?
  • 相手が友達が欲しくて利用しているのか?
  • 相手がどんな趣味を持っているのか?
  • 相手の居住地どはどこなのか?
  • 相手の年齢はいくつかなのか?

などの情報が出会う前に知れるんですよね。

 

あなたとの共通点も分かりますし、友達募集しているかどうかも知れます。

友達募集していない人と出会っても仕方ないですもんね。

出会い系サイトは、相手の目的やプロフィールが分かるので、友達作りにピッタリなんですよ!

 

コスパがいい

また、コスパがいいのも出会い系サイトをおすすめする理由です。

出会い系サイトの多くは、女性は無料で使えます。

『習い事』は月額料金がかかりますし、圧倒的に出会える数が少ないのがデメリットでもあります。

 

  • 出会える数の多さ
  • 相手の目的やプロフィールが分かる効率の良さ
  • 料金も女性は無料

という総合的に考えたら、友達作りのコスパが最強なんですよね。

 

50代が出会い系サイトで同性の友達を作るデメリット

いいことばっかり言って、なにか裏があるんじゃないの?と思う方もいるでしょう。

たしかに出会い系サイトで同性の友達を作るデメリットはあります。

この章では、出会い系サイトで同性の友達を作るデメリットについて解説しますね。

 

田舎は出会える相手が少ない可能性がある

田舎在住の方は、もしかしたら出会える相手が少ない可能性があります。

 

田舎はそもそも人口が少ないです。

当然、出会い系サイトに登録している人も、都会に比べれば少ない傾向にあります。

地域によっては、近くに誰もいない…。ということが起こるかもしれません。

これがデメリットの一つです。

 

しかし、複数のサイトに登録することで、出会える相手の数を底上げすることができますよ。

ちなみに私は、4つのサイトを併用しています。

 

仮に、Aのサイトだけに登録している人がいたとします。

しかし、あなたがBのサイトに登録していたら、Aのサイトに登録している人とは出会えません。

そこで、複数のサイトに登録することで、もれなく出会える相手の数を最大限増やすことができます。

 

特に田舎の方は、複数使いするのがおすすめですよ。

 

身バレするリスクがある

デメリット2つ目が、身バレするリスクがあるということ。

 

出会い系サイトなので、ある程度の個人情報を載せることになります。

年齢や居住地、趣味、子どもの有無、血液型、タバコを吸うか、お酒は飲むか、など。

 

そして、特にバレやすいのが、プロフィール写真!

しかし、横顔や後ろ姿を載せたり、ぼかしを入れたり、スタンプ等で隠したりすることで、身バレを防げます。

必要以上に、個人情報を載せたり、言ったりしなければ、特に身バレを心配することはありません。

私は、プロフィール写真を後ろ姿にしていますが、一度も身バレしたことはありません。

 

ただ、出会い系サイトで身バレするリスクもあるということで、デメリットの1つとして挙げさせてもらいました。

 

50代が同性の友達を作れる出会い系サイト3選

では、実際に50代が同性の友達を作るとき、どの出会い系サイトを使えばいいのでしょうか?

 

この章では、50代が同性の友達を作れる出会い系サイト3選をご紹介しますね。

実際に私も愛用中のサイトたちです。

 

華の会メール

まず1つ目、華の会メール

華の会メールは、30代以上は登録できない、中高年向けに作られた出会い系サイトです。

なので、年代別に一番割合が多いのが50代となっています。

これほど、50代の割合が多いサイトは他にありません。

華の会メールに登録している人には、友達募集をしている人が多く、簡単に友達作りをすることができますよ。

 

>>華の会メール公式サイトはこちら

 

 

ハッピーメール

2つ目、ハッピーメール

ハッピーメールでも50代が同性の友達を作ることができます。

公式サイトでは、同性の友達作りについては触れていませんが、同性検索ができるので、同性の友達作りが可能です。

 

特に、下が画像のように、掲示板で友達募集している方が多いです。

 

ハッピーメールは、50代の割合は少ないですが、そもそもの登録者が国内最多(累計3,000万人)なので、50代の登録者もしっかりいます。

私もハッピーメールを使って、同性の友達はもちろん、異性の友達も作っています。

特に、掲示板を使うと、同じ目的の同性の方から連絡が来ることが多く、簡単に仲のいい友達と出会えますよ。

 

>>ハッピーメール公式サイトはこちら

 

 

PCMAX

3つ目が、PCMAX

PCMAXは、出会い系の定番サイト。

かなり知名度が高いので、知っている方も多いのではないでしょうか?

 

アポ待ちという機能があり、「今からあそぼ」「楽しくしゃべろう」など、同じ利用目的の方と気軽に出会えるのもおすすめです。

PCMAXは、全体的にシンプルなデザインなので、出会い系初心者の50代の方でも見やすいサイトになっていますよ。

 

>>PCMAXの公式サイトはこちら

 

50代でも同性の友達を作って人生を楽しもう

50代でも同性の友達を作ることは可能です。

 

50代になると、昔の友達とも疎遠になる年代で、寂しくなりやすいですよね。

そんなとき、同性の友達がいれば、寂しさを紛らわすことができます。

 

同性の友達を作るには、以下のような方法がおすすめ。

  • サークル、習い事
  • 出会い系サイト
  • SNS

 

ちなみに私は出会い系サイトで、同性の友達を作っています。

出会い系サイトで出会った友達とは、2ヶ月に一回はお出かけします。

余裕があれば、LINEでお互いに悩みを愚痴ったり、電話したり、ストレス発散にも付き合ってもらってます。

 

あなたに合った方法で、50代からの友達作りを始めませんか?

同性の友達作りにおすすめの出会い系サイト3選はこちら>>

 

 

 

  • この記事を書いた人

ゆん

現在51歳のバツイチおばさん。元夫とも離婚して、子育ても終わったこの時期。50代の生き方を模索中。と同時に50代や主婦へ向けて情報発信中。

-友達作り